MMDLaboのサービス

インターネットリサーチ(定量調査)

インターネットリサーチとは

アンケートサイトに登録しているモニターに対して、インターネット上(PC、スマホサイト)でアンケートを実施することで低コストでスピーディなリサーチが可能です。

特徴

60~100万人のモニターに対して配信できるため、消費者の意識を掴むことはもちろん、出現率が低い対象者も抽出することが可能なため、幅広い調査を実施することが可能です。

活用例

マーケットの発見

  • ターゲットを策定する調査(定量・定性)
  • ブランドのポジショニング/イメージを知る調査
    (定量→コレスポンデンス分析)
  • 競合企業調査(定量・定性)
  • ニーズを探る調査(定量・定性)

コンセプトの査定

  • コンセプトの仮説・検証の調査(定性・定量)
  • スペック探索調査(定性・定量)

4Pの開発・施策

  • 試作品/完成品の評価調査(定性)
  • 価格考察調査(定量→PSM分析など)
  • マインドフロー、チャネル施策の調査(定量、定性)

投下後の検証・改善

  • 製品/サービス利用者抽出調査(定性)
  • 顧客満足度/ロイヤリティ調査(定量→CSポートフォリオ、NPSなど)
  • 認知/理解/クチコミの影響度・浸透度調査(定量・定性)

調査実施の流れ

  • 調査設計

    御社の課題や調査目的をヒアリングの上、対象条件を元に最適な調査設計をいたします。

  • 調査実施(最短3営業日~)

    対象者を絞り込む必要があれば、スクリーニングを最初に行い、その後本調査を行います。

  • 集計・納品(最短2営業日~)

    調査の集計結果をご納品いたします。

  • レポーティング・レビュー会

    ご希望のお客様には、集計結果をリサーチャーがレポーティングいたします。
    社内メンバーや社外パートナーに向けてレポート結果のレビュー会のプレゼンテーションも提供しています。

参考事例

【 事例1 】 スマートフォン端末メーカー

新端末発売6ヶ月後の利用者の満足度をリサーチし本社へレポート

海外メーカーA社が発売した最新スマートフォンの利用者の満足度をスコアリングし、海外本社へ日本市場の消費者レポートを報告。自社端末以外に競合ブランドの利用者の属性やチャネルを調べ、ブランド影響度を比較。レポートは日本語・英語で納品。
発売6ヶ月という短期間の場合、端末利用者の出現率の難易度が高いが、モバイルに強い当社の得意とする内容でした。

【 事例2 】 大手広告サービス企業の通信チーム

最新のMVNO市場や消費者データを調査し、クローズドセミナーイベントの開催

通信企業向けに広告サービスを提供する広告会社のテレコムチームからクライアントを招待したクローズドセミナーイベントに向けて、当社に最新のMVNO市場と消費者動向のリサーチレポートとイベント登壇依頼をいただきました。
当社ではリサーチだけでなく、分析レポートのレビュー会やクライアント・パートナー企業向けのセミナー登壇まで実施いたします。

他のサービスを見る

まずは、お気軽にご相談ください。

お問い合わせフォーム

お電話はこちら
(受付時間9:00~18:00)

03-6451-4414

pagetop